FC2ブログ

イマドキではない!?

ある方のご隣人が2人の幼い子どもの前で子の父親である夫に向かって妻が「この!くそがきが~」と、言ったとビックリされていました

子は、親の言葉を・・行動を真似る生き物です。その2人の子の行く末が心配です

でも、最近の若いママだけが男言葉を使ったり言葉遣いが激しく悪かったりするのかというとそうでもないようなケースも

言葉遣いでいわゆるママ友も違ってきてて、「類は友を飛ぶ」みたいな感じで同じ風体で同じ口調のママがお友達になってるような気がします。その中でのカースト(ランク付け)は、あってそこは同じ

「てめ~」と、我が子に言うなんてザラかもしれない

「くそがきが~」が、もある・・

「ぶっ殺されぇ~のか」も聞いたことがある

昭和44年生まれのあのMは、男勝りの性格でそこそこ伝統のある女子高でバスケットボールをしていたそうな。ってことは、男言葉に拍車はかかるなって思るけど・・・ビジネスで使う言葉と汚い言葉のギャップにも驚きましたが、あの品のなさってなんなんでしょう・・・・・・・班づくりをして班長を決めるとかスキーでリーダーを決めることを「頭を取る」と、いうのです。「頭をとってやってみろ(やってみやがれ)」と、そう使うのです。この言葉って先に書いた汚い言葉と同じだと思うのです・・・で、Mは我が子を「うちのチビ」って、言うんです。チビって年齢ではないのに・・・そう、まだ我が子を小さいと認識しているのに汚い言葉を使うんです。Mと外を歩いていたときに同じクラスだったの父兄という人に会ったときのこと、その相手の方は前歯がなく、茶髪に染めた髪の根元は黒くなってるプリン頭で言っては失礼ですが、悪だったか軽度の知的問題を抱えている感じの方でした。その方とMとの会話がま~暴走族かそこらのチンピラかって感じの言葉でMが「今から、校長に会ってよ~話しつけるんだ!ゆるさね~し」と・・・・・・・・・ひゃ~って思いそこでこのMと縁を切ろう・・・同じ穴のムジナと勘違いされる前にレッテルをはられる前に縁を切るぞ~と思ったのでした

だから・・・年齢ではないのかも

そうして育ったこどもの行く末が怖い

スポンサーサイト



プロフィール

おおびるげ

Author:おおびるげ
ぶっきちょうな生き物のおおびるげです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR