FC2ブログ

さいごの1枚

本当は、召された命の写真を撮るのは、迷いもありましたが・・・

素敵な笑顔なんで・・・

最後の1枚を・・・

IMG_7323.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ミィフィオちゃんありがとうね

おおびるげさん

私にグリーフケア死別による悲嘆の援助が出来ないのが残念ですが

我慢しないで、涙をけっしてこらえないでください

明日は、もっと悲しみが深くなると思いますが、我慢しないでください

自責の念を感じないようにしてください

ミィフィオちゃんは、「おおびるげさんのお家に来て幸せでした」

ミィフィオちゃんは、身体が不自由でしたが

「おおびるげさんのお家に来て良かった」

「こんな身体でもいつも愛情溢れる、おおびるげさんのことが大好きでした!」

私の好きな"金子みすず"さん。「さびしいとき」という詩があります

わたしがさびしいときに、よその人は知らないの。
わたしがさびしいときに、お友達は笑うの。
わたしがさびしいときに、お母さんはやさしいの。
わたしがさびしいときに、仏さまはさびしいの。

「わたしがさびしいときに、仏さまはさびしい」と思うと、自分を丸ごと
引き受けてもらっている気がします。仏さまのさびしい姿が、私の心に優
しいのです。仏さまだけは、私のすべてを理解し、許し、まもってくださる。
そんな思いがこの詩から伝わってきます。

最後の1枚お逢いできてよかった

たくさん可愛い姿を見せてくれて

ミィフィオちゃん、ありがとうね 

向こうの世界では沢山、ピョン ピョン飛び跳ねるんだよ

Re: ズーちゃんパパさんへ

嘱託でも監察医であり、ターミナルケアをしているものとしても、身近な死には、慣れないものですね。

でも、幸せでした

もう、痛みも苦しみも不自由もない世界に言ったミィフィオにありがとうを言いたいです。
プロフィール

おおびるげ

Author:おおびるげ
ぶっきちょうな生き物のおおびるげです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR