FC2ブログ

それでも明日は来る・・・

雑多諸々がピークに達しました・・・

かなり疲労しています。

でも、母が言いました。「こういうときこそ食べないとね」と・・・



がおは、完全復活しました。でも、お薬を飲んでくれなくなったので、今晩から注射をしています。勿論、おおびるげががおにです。あんなに上手にお薬を飲んでいたのに、麻酔の時をきっかけに拒むようになりました。あんな小さな命でも感情があるのですね・・・でも、注射は、心を鬼にして・・・




3月9日。叔父が死後半日以上経過した状態で発見されました。で、忙しさと・・・気持ちの余裕がますますなくなり・・・体調も、点滴を受けるも効果がいまいっぽです・・・でも、母の言葉通り、具沢山のお味噌汁を1杯食べました。


叔父は、第二の父でした。最後に会ったときに喧嘩したままでした・・・



3月11日が近づいています。

そう、あの揺れを私は前日納品されたテレビを守っていました・・・台所では、食器棚が倒れました。大きな揺れが収まったときには、もう!携帯は繋がらない状態でした。その日、にょにょひろの在学高に卒業を控えて私物を取りに行くために、福島の職場から有給をとっていました。

こういうときうに車はと思いながらも、荷物のこともあるので出発。学校まで30分もあれば着くのに、3時間以上かかりました。橋の上で余震を感じ、渋滞で動くことも出来ない、車を寄せることもできない中、まだ、自分におこったことに気づかないでいたように思います。

とりあえず、身内の無事を確認できていたのです。

翌日、要請があり、被災地いくことになりました。仙台です。

活動中に、行政関係者から呼び出しがありました。私の収入の基盤でもあり、研究の場でもあった福島のある地が、緊急避難地域になった。で、とりえず、「解雇」だと。今後の身分は、当分は、被災地派遣をした側に移ると。


何がなんだかわかりませんでした。というのも、活動中は、それに専念するので世の中が大変なことになっているのはわかりますが、詳細を知るためにテレビを見たり、ラジオを聴いたり、新聞を読んだり出来ないのです。自分の時間は、寝るときのみ。それさえ削って活動をします。

やがて、活動仲間からねぎらいの言葉がかかるようになりました。

それは、活動が終わったら、戻る職場がないということでした。

今も、私物を取りにいけていません。それは、居住実態がないからです。研究の部屋で飼っていた命もそのままです。

3男が巣立ったら、福島に家も移して研究と後進の指導にと考えていましたが、まったくもって明日の米の心配をする身となりました。

それでも、集団移転をしてきた方々の中に私は、寄り添い活動をしました。そのうち、活動要請期間が終了し、私には、なんの収入もなくなりました。

福島に拠点をおくために、色々と整理をしてあったので、再就職の道は、かなり、厳しいものとなりました。

国家試験合格証も論文も廃墟と化した建物の中にあります。

厚労省に申請し、仮の国家資格証の発行を受けました。



復興のためを思えば、消費税アップもオリンピックも悪くないと考えます。でも、どうしてもどんなに努力をしてもらっても、あの時には、戻れないんです。

前を見て生きていくしかありません。できるだけ笑って・・・涙が出そうになったら上を見て深呼吸をして・・・



私が今、我が身を削ってまで小さな命のために尽くすのは、あすが約束されていなからです。

簡単に、復興だとか原発反対だとか言わないでほしいと思います。綺麗な作業着を着て見てるだけの人に偉そうにされたくない・・・

地震も津波も原発事故も誰の責任を追及する気はないんです。でも、えらそうに記念日で黙祷で、てのひらをあわせるのは、マナー違反だよ・・・本当の黙祷は、天皇陛下と皇后陛下がなさっていたように、ただ、こうべをたれてするものだと・・・そう、思っています。



私は、終の棲家として購入していた土地に、何百年単位で住めないんです。

ですから、11日に黙祷をと思われる方々へお願いです。せめて、正しい、黙祷の姿勢で黙祷をしていただきたいと思います。信仰の方は、その信仰の中で黙祷をなさってください。そして、戻らない何かをかかえている方を少し思い出してください。大切な命をモノを大切だと認識して言葉にしてあげてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

がおくん、復活したようでよかったですね。
でも何だか大変なことに><
心身ともにお疲れでしょうが、少しでも食べて休める時に休んでそれ以上体調を崩さないようにお気を付けください。

Re: koumeさんへ♪

がおが元気になってくれたので、それが救いだし、励みになってます。

叔母を見送り、父の、アルツハイマーから脳梗塞に、叔父の死。叔父は、独居でしたから、他殺ではないと確証がなされるまで、身柄は、返されません。大変です。体調もだだ下がり。

No title

大変なこと続きでお疲れでしょう。
がおちゃんは注射ができるおおびるげさんがいるから
大丈夫!
まず・・・体だけは大事になさって下さい。
しっかり食べる!ですよ。

一人暮らしの方が誰にも看取られず医師もそばにいなかったとなると
とりあえず警察が入りますよね。
私の叔父もそうでした。
そう時間はかからないとは思いますがあまり良い気持ちではないですよね。

Re: まーずさんへ♪

がおは、昨晩私がブスッとやってから、「さ~やるか」と、言ったら逃げました。わかっているのですね・・・嫌われたくないけど、仕方ない・・・

食べないと、神経性下痢もでてきたので、出すもの出るものがない・・・で、無理矢理口に最低限の食物を突っ込んでます。この私が、ビールがまずいなんてたまげてます・・・

今日、9:30から司法解剖が始まりました。私は、その傍らにいます。身内だと知る者は、管理者だけですが・・・身内に感情や私情を入れないと保証はないので、手は出さない・判断は下しません。今、こうして返信させていただいている横でやってますが・・・警察が発見した次男を聴取しているし、関係がばれないよう必死です。独居でヘルパーを拒み、息子の嫁も拒み・・・そういう中で亡くなったので、近所への捜査もあるようで・・・良い気持ちではないです。我が母にも警察から電話が・・・なんでも、インスリンを打っていて癌もやった叔父なので息子たちの「介護放棄」も視野に入れられているようです。すぐ横で死亡原因を探られてる叔父に「めいわくだよ~」って、呟いてます。

No title

おおびるげさん、お体大丈夫でしょうか?
色々と大変な事が続いて、心労をお察し致します。

がおちゃんが元気になってよかったですね。
がおちゃんにとって、とても辛かったのでしょうね。

食事は本当に大事ですから、少しずつでも食べる様にして下さいね。
睡眠も・・・

Re: inukiyoさんへ♪

みんなてんでんバラバラな感じです。言ってる事と耳に入ってくることが違うし。かとおもえば、未連絡。これでは、身体がよくなるはずありません。さすがに、へこたれています。

がおは、かなり、しんどい状態だったことでしょう。迅速な対応をして下さった獣医さんに感謝です。今日は、注射器を見たとたん、逃げてしまいました。夜のブスッとも手こずりそうです。

No title

叔父さんのご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
そして、東日本大震災から3年、おおびるげさんは福島県にお住まいだったんですね。色々な想いを背中に背負って頑張っている姿に応援したくなります。
倒れないように、食べれるときには食べて休んでくださいね。

Re: ズーちゃんパパさんへ

息子らが、埼玉県の学校に通学していたので、埼玉県内に住み、通っていました。住民票が福島のあの地域ではないために、なんの保障も受けていません。買い求めた土地の固定資産税のみ支払い免除になりました。

土地購入の際に援助してくれたのが、叔父でした。

今日、1日は、頑張ります。

こんばんは。

しばらくご無沙汰してた間に色々な事があったのですね。
がおちゃん 手術されたんですね・・・。
おおびるげさんの早い発見が、がおちゃんの命を救ったんです。
今は、元気になったようで 本当よかったです。
叔父様の件では、本当にお辛いですね。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
一人暮らしの孤独死・・・。
私の父も今は、一人暮らし。。。
定年を迎え、高血圧などの病気をしてる父。
しばらく連絡がなかったりすると心配になってしまいます。
おおびるげさん お体大丈夫ですか?
何日かの間に 大変な事がたくさんあって寝てないようですが・・・。
食欲もないみたいですが、お母様がおっしゃるとおり
こういう時こそ ちゃんと食べないと体力がもちません。
おおびるげさんが倒れちゃったら、大変です。
まだまだ落ち着けないと思いますが、休める時は少しだけでも
休めるようにしてくださいね。

Re: すずたんさんへ♪

がおは、体調は、復活。困るほどに元気ですが、注射器を見ると逃げるのでてこづっています。

叔父のことでは、昨日がストレスMAXでした。家に安置しましたが、ありがとうを言えとは思いませんが、解剖待ちのご遺体が沢山あり、3日待ちの中、叔父だと言って即日の朝イチに。引き渡し時に、おおびるげ先生の叔父様とのことで朝イチに致しましたと、解剖医が言ったのに、解剖医にさえありがとうなし。叔父の実の姉は、おおびるげ家のお寺さんを呼ぶ事でいとこ達がいなくなると、私に雨嵐。今朝未明から、ストレスで咳が止まりません。ただ、咳が出るまで眠りは、深かったです。

独居もお寺も選んだのは、生前の叔父。おおびるげ家は、相続放棄したんだと怒鳴りたかった。
プロフィール

おおびるげ

Author:おおびるげ
ぶっきちょうな生き物のおおびるげです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR